世界のお酒探検家のあれこれ

世界のお酒探検家のブログ。世界各地の美味しいお酒を探求! お酒の知識や楽しみ方を増やして、素敵なお酒ライフを過ごしましょう!+銀座で働くWEBディレクターの雑記

シャンパンとスパークリングワインの違いって何?

夏はすぐそこ!

一年で一番美味しいスパークリングワインの季節がやってきました。

ところで、シャンパンとスパークリングの違いを知ってますか?ヴァン・ムスーって何?ということで、フランスのスパークリングワインのお勉強の始まり始まり~♪

*フランスのスパークリングワイン分類表

呼称詳細
フランス *ヴァン・ムスー
Vin Mousseux
「ムスー」は泡という意味。フランスの発泡性ワインの総称。
シャンパーニュ以外で造られたフランスの発泡性ワインのことをいう。
*シャンパン
Champagne
シャンパーニュ地方の特定の地域、特定のブドウ品種を使ったシャンパーニュ製法(瓶内2次発酵)と呼ばれる伝統的な製法による発泡性ワイン。それ以外の発泡性ワインはシャンパンとは名乗れない。
クレマン
Crémant
シャンパーニュ製法で造られた発泡性ワイン。
泡立ちが優しいガス圧3~3.5気圧程のもの。
ペディアン
Pétillant
ガス圧2気圧程度の微発泡のもの。

まず最初に、スパークリングワインとは発泡性ワインの総称です。つまり、「シャンパン」もスパークリングワインの中の一つです。
フランスでは、スパークリングワインのことを一般に「ヴァン・ムスー」と呼びますが、シャンパーニュ地方のシャンパーニュ製法で作られたスパークリングワインのみが「シャンパン」と名乗ることができます。

また、ガスの気圧や製法AOCによって、「クレマン」、「ペティアン」にそれぞれ分けられます。
※通常、ガス圧3気圧以上のものをスパークリングワインといい、ペティアンはスパークリングワインに入らない場合もございます。


上記の分類からも分かる通り、シャンパンは地域、ブドウ品種、製法など厳格な取決めの元で作られているため、値段も高価です。

しかし、シャンパンという名前がついていなくても、シャンパンの半値以下の美味しいスパークリングワインはたくさんあります。もちろん、フランス以外の他の国にもスパークリングワインはあります。


次回はフランス以外のスパークリングワインを見てみたいと思います。どうぞお楽しみに~♪