世界のお酒探検家のあれこれ

世界のお酒探検家のブログ。世界各地の美味しいお酒を探求! お酒の知識や楽しみ方を増やして、素敵なお酒ライフを過ごしましょう!+銀座で働くWEBディレクターの雑記

ベルギー&オランダ旅行♯2 世界三大がっかりのうちの一つを見に行く

旅行二日目はブリュッセル観光、グランプラスからスタート!
f:id:worldliquors:20150925124547j:image

まずはグランプラスのGODIVA本店で生イチゴのチョコがけ8.5ユーロを買って食べ歩き。

日本ではすっかりお馴染みのGODIVAですが、ブリュッセルに来たら一度は食べたい!

ちなみに、この生いちごのチョコがけはグランプラスの本店では8.5ユーロですが、なんとギャルリーサンチュベールのお店では6.5ユーロで売ってます。ブルージュのお店でも6.5ユーロでした。

本店だからの価格⁈
いちごの大きさとか入ってる数など見比べたわけではないので一概には言えないのですが、頭の片隅にでも入れて頂けたら幸いです。

さて、次は像の右手を触ると幸運が訪れると言われる"セルクラースの像"に遭遇です。お約束通り、右手を触りまくり。

f:id:worldliquors:20150925124453j:image

その後はタンタンの壁画を見てからの例のポイントへ。
f:id:worldliquors:20150925125308j:image

世界三大がっかりは、やっぱりがっかりでした(笑)
f:id:worldliquors:20150925125538j:image

小便小僧の近くに、小便少女がいるそうです。旅行から帰って来てから、ブリュッセルに行ったことのある友達に聞きました。少女の方も小僧と同じレベルでガッカリらしいけれど、せっかくだから、見てみたかったな。


ベルギー&オランダ旅行 ♯1 女三世代旅行の始まり〜

f:id:worldliquors:20150918142328j:image
昨日、成田空港から12時間超のフライトでようやくブリュッセルに到着しました。

今回の旅は、父の一周忌が済んだらどこか行こうかと、高齢の母といまどきの若者の姪っ子と中年(いやん^^;)の私で計画。珍道中になりそうな女三世代旅行です。

そういえば、行きの飛行機の中で私が母に「今朝、お父さんに旅行に行くって言ってきたの?」と尋ねたら、
母は「言ったわよ。それにお父さんの写真を持ってきたから、今、一緒に旅行してる気分よ」と胸の辺りにある首かけパスポートポーチを手でぽんぽんと。
ふーん、夫婦って。ちょっと胸がじーんとしちゃいました。

不惜身命は貴乃花が横綱昇進したときの口上

I did calligraphy for the first time in months. 
数ヶ月ぶりの書道。
f:id:worldliquors:20150902220230j:image
写真左が先生のお手本、写真右が私の書。

仕事が忙しかったりお付き合いが忙しかったりでなかなかお稽古できなかったのですが、筆運びが遅いというか、うまく滑らないったらないですね。

不惜身命とは、身や命をささげても惜しまないことをいいます。そうです、不惜身命をもって日々これ練習あるのみでございます〜。

ちなみに、
1994年11年23日、貴乃花横綱昇進した時の口上は、
横綱の名を汚さぬよう不撓不屈の精神で相撲道に不惜身命を貫きます。」というものでした。あの時の貴乃花は格好よかったですね。



ここの書道塾に通っています。
書道塾 継未
全国にお教室があるので、ご興味のある方はまずは体験講座へ!

輪飲楽園 #1 シュナン・ブランはハチミツの香り

先日は、鶯谷の萬谷さんにて開催のフランス自然派ワイン会「輪飲楽園」の8月定例会へ参加してきました。

 
今回は、ロワール地方アンジュ地区の醸造、Chateau Pierre Bise (シャトー・ピエール・ビーズ)を勉強しました。
f:id:worldliquors:20150827212809j:image
 
ワインはシュナン・ブラン中心のラインナップ。
f:id:worldliquors:20150828013602j:image
まずは、右から1番目、スパークリングワインからスタートです。
 
Ch. Pierre Bise Crémant de Loire
シャトー・ピエール・ビーズ  クレマン・ド・ロワール

 

Chenin Blanc シュナン・ブラン100% 
f:id:worldliquors:20150827213804j:image
 
このクレマン・ド・ロワールはシュナン・ブランの特徴であるハチミツの香りと、酸・ミネラル感が程よく、すっきりした辛口(それほどドライではなく、中辛口といった感じ)のスパークリングワインです。
 
※クレマンとは、シャンパーニュ製法で造られた発泡性ワインで、泡立ちが優しいガス圧圧3~3.5気圧程のものです。発泡性が低いので、飲みやすいですね。
こちらもよかったら、ご参考に。
 

worldliquors.hatenablog.com

 
これは、すっきり飲みすい!と思ったら、販売価格4,200円とお値段もなかなかでした。
 次回は2本目、白シュナン・ブラン100%です。お楽しみに!
 
 
このフランス自然派ワイン会「輪飲楽園」は、鶯谷萬谷の社長である長由起子さんが教鞭をとっています。他にも、日本酒やビールの勉強会や面白い講座があります。
 

 

アウトドアにオススメのお酒グッズ「ワインクーラー」

お盆も過ぎて朝晩は涼しくなり、暑さも一段落と思いきや、日中はまだまだ暑いですね。

 

今週末も各地でイベント目白押し。
facebooktwitterとか、友人知人の楽しそうな写真がいっぱいでウキウキしちゃいます。

 

そういう私も地元の夏祭りの集まり、お花見ならぬお祭り見へ。

そんな 大人のアウトドアシーンに最適なグッズ、これ買いました!

f:id:worldliquors:20150822154741j:plain

ル・クルーゼのワインクーラー (製品名はアイスクーラースリーブ)

先日、お友達のホームパーティーにお呼ばれしたときに、お友達が冷凍庫からこれを取り出し、スパークリングワインに被せていたのを見て、思わず!次の日には買ってしまいました!

 

製品の前側と後側にジェル状のものが入っていて、それを凍らせて使います。

 

使い方は、ル・クルーゼのウェブページによると、

  1. 冷凍庫で6時間冷やす
  2. 製品をボトルにかぶせる

これだけで、常温(約18℃)のボトルが約10分で12℃程度まで冷え、また、2、3時間冷えた状態を保ちます。

 

ですって!なんて素敵〜♪

サイドのゴムは強度があるので、750mlのワインボトルから横幅のあるスパークリングワインまで使えます。

f:id:worldliquors:20150822160902j:plain

さっそく、これとお酒を持って祭り見物へ。

使い勝手とか持続時間とか効果はのちほどレポートします!


 [追記:使用レビュー]

さっそく祭り見に持っていったのですが、ワインクーラーを被せる暇もなく、駿足でボトルが空いてしまいました…

おしゃれに決めようと思ったのですが、10人以上の大所帯の場合、お酒が温くなるなんて心配は無用でした。ハハッ…

2人〜3、4人程度のピクニックか、お家での利用が最適かな〜。

氷で冷やすタイプのワインクーラーだと、グラスに注ぐたびにボトルについた水滴を拭かなきゃいけませんが、その点、このル・クルーゼワインクーラーだと水滴の処理がないのですもんね。


今度、お家でつかってみますー。


 

 

Okuribi

f:id:worldliquors:20150817004212j:image

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」

The Obon holiday has ended. Our family burned Okuribi for my father. 

Okuribi is the opposite practice of Mukaebi. It has seen the deceased soul) off to other world after Obon.


お盆も今日で終わりですね。みなさんはどのようなお盆休みをお過ごしでしたか。


うちは、無事に父の新盆が終わりました。

父は長男ではなく田舎から東京に出てきて家を築いたので、お守りする先祖もなく全部がはじめて…母は娘任せで、ホントにもー。

ネットでいろいろ調べたら、Amazonに新盆セットというのがあったので、それを購入して、お盆らしき事をやってみました。


これでいいの?いいの?

まあ、母が満足してくれたので、良かったかな〜と思います。


お父さん、また来年ね!


さ、明日から通常営業です。頑張ろー。

Mukaebi

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」f:id:worldliquors:20150814002113j:image

Obon festival has started from today. I went to visit my father's grave and burned the welcome fire "mukaebi" for my father who passed away last year.

 

今日からお盆ですね。

皆さん、いかがお過ごしですか。

 

私は父のお墓まいりをして迎え火をたきました。

 

ところで、お盆は英語でObon festivalというそうで、フェステバル?…じゃないよねぇ(^^;;